Miyazaki Grapefruits Cold IPA

基本情報

ビール名 Miyazaki Grapefruits Cold IPA
スタイル
評価
3.7
ABV 6%
IBU 0
生産状態 生産中
説明 今月の蔵出し、リリースです! 今回はキレキレのCold IPAをベースに宮崎県産グレープフルーツを贅沢に使ったハイブリッド・フルーツコールドIPA。 その名も… そのまんま! 「宮崎グレフルCold IPA」です! ジューシーでクリア、スッキリしつつもアルコール6%の飲みごたえ。 苦さが主役ではなく、ホップ&宮崎県産グレープフルーツのナチュラルでジューシーなフレーバーを表現すべく追求したバランス。 そもそもCold IPAはアメリカ西海岸発のビアスタイルで、麦芽以外の副原料を使用、またラガー酵母を使用することが多いのですが、要は「クリアでキレ良く醸す」ことでモルト香、発酵由来の香気すらもそぎ落し「ホップだけを香らせる」というスタイル・・・
なのですが今回の蔵出しは、「地元産グレフルのサイコーのフレーバーも伝えたい! 」「ビールとしてのバランスもしっかり追求! 」という思いで、Cold IPAベースのいいとこどり! フルーツコールドIPAでのリリースです。 ギャラクシー、CRYO POP、シトラのシトラス&トロピカルなホップフレーバーと、グレフル由来のナチュラルな柑橘香、シトラスビターが絶妙に絡み合い、クリアだけどどこか複雑、そしてジューシー! な仕上がりになりました。 香りとナチュラルな苦みを重視していますので、ホップによるビタリングは大げさにせず、ちょっと穏やかなスタイルです。 ここ数年、毎年夏に宮崎県産のグレープフルーツを使ったレシピで蔵出しビールを発売していますが(グレフルセゾン・グレフルIPL等)、ホップとグレープフルーツの香り、味わいは本当に相性が良く、いつも楽しみです! 「ホップでシトラス感を出すのが王道じゃない?? 」という考えもあるかもしれませんが、これだけの素材に恵まれた宮崎、地元素材を使ってローカルならではのビールを醸すことは必然! 意味あり! と考えるひでじのグレフルCold IPA、ハイブリッドなローカルCold IPAをどうぞ!

原材料:麦芽(英国製造)、大麦(九州産)、県産米(ホップ契約農家の亀長さん米)、宮崎県産グレープフルーツ果汁(日南市田中さんのグレープフルーツ)、糖類、ホップ(Columbus/Galaxy/CRYO POP/Citra)、ラガーイースト

ブルワリー情報

写真ギャラリー

飲んだ人のコメント

0.0

Grapefruity. まずグレフル、そのあと嫌じゃない苦味も

3.8

グレフル感強い。

3.8

見た目hazy。 ドライだからソルティドックみたいなグレープフルーツ感だ。

3.8

やっぱいいね!

3.8

終わり!

0.0

真ん中。 グレフルすぎなくていい

0.0

2022/9/1。
グレープフルーツの果実み感じるアロマ、仄かな酸味、筋のような苦味、キレのある後味。

4.3

ひでじの蔵出しにはハズレがないって、原宿のJKが言ってた

0.0

グレープフルーツな香りがしっかり。 グレープフルーツの白皮のような柔らかい苦味に、グレープフルーツだけじゃないホップからのフルーティ感。 後味も酸味ですっきり。

3.5

宮崎の余韻

Power by Untappd