信州事変 (2021)

基本情報

ビール名 信州事変 (2021)
スタイル
評価
3.8
ABV 6.5%
IBU 32
生産状態 生産中
説明 もともとは、マボロシと終わったSNOW MONKEY BEER LIVE 2020のためにつくったこいつ。 bramley saisonでもおなじみ、蔵元にほど近い小布施町でつくられた英国原産の林檎”ブラムリー"と、自家栽培の酒米"美山錦”でつくったIPA。 意図してつくっているわけではないのですが、かなりヘイジーな仕上がり。 同じブラムリーをつかったとはいえ、bramley saisonとは対照的です。 今年は、メインのホップのうちの一つを伝統的なヨーロッパ品種から、アメリカの新品種に変えてみました、"林檎"由来の酸味と爽快な香りに、大量なホップによる柑橘のニュアンスとグレープフルーツの皮のような苦味が加わったような印象。 ちょっと白桃みたいなトロピカルなニュアンスも。 美山錦ならではのドライさもあり、IBUの数値以上に感じる爽快な苦味も相まって、甘ったるさは全くなく、むしろスイスイ飲めちゃう感じに仕上がりました。 「この地ならではの、混乱に満ちた調和の味」、今回も健在です。 なんだか鬱屈した気持ちを、爽快に洗い流すには最高じゃないかなと。 魚介のサラダとか、塩味の焼鳥、グリルしたチキンやサーモンみたいなものとか、クリーム系の料理なんかとも相性いいと思います。

ブルワリー情報

写真ギャラリー

飲んだ人のコメント

4.0

爽やか酸味! の中にすっきりした甘み。

3.8

林檎由来の酸味を感じられる。

3.8

ドライですっぱい

3.8

一日いち🍎 赤い食べ物好き

4.5

リンゴまるごとドライ

4.3

程よい酸味と苦みにあふれるフレイバー。 これは美味い。

4.3

渋いのと酸っぱいの同時に襲ってくる… ドラフトへの期待上昇🧟‍♂️

4.3

ドリンカブル過ぎる。

4.5

昨年同様すごくヘイジー。 味わいは、リンゴの酸味とホップのアロマ。 ただし昨年ver.よりも苦味とホップアロマが強いせいか、より志賀高原らしくなってる。 ウマイ。

3.8

打ち抜きサービス。 林檎味。

似ているビール

Power by Untappd