Chack’N Hop (チャックンホップ)

基本情報

ビール名 Chack’N Hop (チャックンホップ)
スタイル
評価
3.7
ABV 6.5%
IBU 35
生産状態 生産中
説明 今回のIPA、工夫したことは「ホップの使い方」です。 2回のドライホップのうち、1回はNew England Style IPAで使われるテクニックを踏襲し、ビールの発酵中にドライホップを行いました。 こうすることで、発酵中の酵母がホップの成分を分解し、さらなる複雑な香りが生まれます。 グラスに鼻を近づけると、トロピカルフルーツを思わせるホップの香りが力強く立ち上がってくるのを感じていただけることでしょう。 MosaicとSimcoeという2種のホップを様々なタイミングで投入することによって生まれた、シトラス、マンゴー、桃、パッションフルーツなどが幾重にも重なった香りに、苦味は控えめながらしっかりとした飲み口のあるボディ。 飲みごたえのあるIPAとなっています。

今回のIPAは、ホップの可能性を最大限に引き出すという課題です。2回のドライホッピングのうち、1つはNEIPAで使用される技術に従い、発酵中にドライホッピングを行いました。これを行うことにより、発酵中の酵母はホップ成分を分解し、より複雑な香りを生み出します。グラスの近くに鼻をかみると、トロピカルフルーツを思わせるホップの香りを感じることができます。2つのタイプのバイピッチo

ブルワリー情報

写真ギャラリー

飲んだ人のコメント

3.5

最初の一口はホップを感じるが、そのあとは苦みが強くない

3.5

うーん。

Power by Untappd