魂のバーレイワイン (2022)

基本情報

ビール名 魂のバーレイワイン (2022)
スタイル
評価
3.8
ABV 9.5%
IBU 50
生産状態 生産中
説明 オーク樽10か月熟成!! 反射炉ビヤのスピリッツが感じられるスペシャルビールが新登場! バーボンウイスキー熟成に使用していたアメリカンオークで、発酵後に10か月間熟成して出来上がったバーレイワイン。 麦芽の深み、甘味をオーク樽の風味と共に贅沢に味わう事が出来、そのアルコールの高さから、ウイスキーのようなスピリッツ系のお酒のニュアンスも感じられます。 こだわりのビールづくりに、熟成でさらに磨きのかかる「反射炉ビヤの魂」が詰まった仕上がりをぜひお楽しみください!

ブルワリー情報

写真ギャラリー

飲んだ人のコメント

4.5

甘み・渋みを伴った香りが鼻を抜ける。 その後にどっしりとした風味。 渋みのアップルティーを連想させる。 濃いが黒ビールとは違う味わい。 静かに飲みたいビールである。

3.7

バーボンウイスキー熟成に使用していた
アメリカンオーク樽で10か月熟成
深いルージュの輝き
泡立ちは少ない
バーボンウイスキーのような樽香に
干し葡萄やチェリー、そして
赤ワインを思わせるアロマ
口に含むとまったりと甘い
リッチ一歩手前のなモルト感
葡萄の皮のような渋みも感じられる
深みがもう少し欲しいけど
寝かせれば化けるのかもしれない

4.0

しっかり干し葡萄系のBarleywine。

3.8

濃厚

2.8

つよい

4.0

濃いレーズン風味のバーレワイン。

4.0

ワインのような深み、グレープ感。 度数高め注意。

3.8

バーボン樽熟成だがチェリーやワインのフレーバーが強く深みはない。 冷たいうちがいい

4.0

干し葡萄のような甘みと深い味わい。 これもビール、奥深い。

2.8

洋酒系ビール。 好きな人は好きと思う。 チーズケーキと相性よし。

Powered by Untappd